>中洲川端周辺コースその1

アジアの近現代美術作品を収集し展示する世界で唯一の美術館。コレクションはアジア22ヶ国・地域の作品約2800点!展示のみならず、アーティストによる滞在制作やワークショップなどの交流イベントも随時行っている。
博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階 ☎092-263-1100
営業時間 10:00〜20:00(ギャラリー入場は19:30まで)
休 水曜(祝日の場合は開館、翌平日休館)
http://faam.city.fukuoka.lg.jp
那珂川をまたいで博多区中洲と中央区西中洲とを結ぶ橋。西の城下町「福岡」と、東の商人の町「博多」が出会う場所として名付けられた。橋の途中にある休憩スポットは、よく見るとパラソルの部分が福岡の民謡「黒田節」の世界をイメージした杯と槍でできている。
中央区西中洲〜博多区中洲
“博多”と“福岡”を結ぶ「福博であい橋」のたもとに建つ、3人の舞妓を模した銅像。博多人形師・小島与一が、大正14年にパリ万国現代装飾美術工芸博覧会にて銀賞を受賞し、博多人形を「ハカタ・ドール」として世界に知らしめた同名の作品がモチーフになっている。
博多区中洲4
約400メートルのアーケードに約125店舗が連なる博多で最も歴史のある商店街。博多人形や山笠グッズなど博多ならではのお土産を見つけることができる。中央の川端ぜんざい広場には博多祇園山笠の飾り山笠が常設され、金土日曜やイベント時にはぜんざいも販売される。
博多区上川端町6-135 ☎092-281-6223
築50年を超える昭和のレトロビルを、古い建物を大切にする「ビルストック文化」の考えに基づき、改装。ギャラリーやカフェなどが入居し、様々なイベントも開催されている。焼きたてベーグルの専門店「リル・ベーグル」、カジュアルバー「hana.」といった人気のグルメスポットも。
博多区上川端町9-35
☎092-985-4562(事務局/火曜定休)
昭和9年創業という、福岡で最も長い歴史を持つ喫茶店。自家焙煎のコーヒーは、ブレンドだけでも6種類あり(ブレンド450円〜、ストレート580円〜)、他にも焼き菓子や洋食もいただける。かつては博多の文化人が多く集まるサロンとして賑わい、今なお老若男女を問わず多くの人が訪れる憩いのスポットだ。
博多区店屋町1-20 ☎092-271-0021
営業時間 10:00〜OS20:00(月〜金)、10:00〜OS18:30(土)
休 日祝日
歌舞伎、ミュージカル、宝塚歌劇、芝居、歌手による座長公演などが上演される“芸どころ博多”にふさわしい演劇専用劇場。客席は1〜3階までの3層構造でどの席からも見やすい。設備も充実しており、花道やセリ、ミュージカルではオーケストラピットなどあらゆる演劇に対応できる舞台機構を持つ。
博多区下川端町2-1 ☎092-263-5555
営業時間 演目によって異なる
http://www.hakataza.co.jp
明治38年創業の、博多を代表する老舗和菓子屋の一つ。舶来のマシュマロ技術をいち早く取り入れた「鶴乃子」は、ふくよかな生地と風味の良い黄味あんとのハーモニーが絶妙な逸品。博多祇園山笠の際には、廻り止に昇き棒の先端が入った時間を店の2階で計測。
博多区須崎町2-1 ☎092-291-1592
営業時間 9:00〜19:30 休 なし
http://www.ishimura.co.jp

より大きな地図で 中洲川端周辺エリア を表示