>御供所周辺コース

古くから厄災除けの神社として有名。厄年の男女が厄災除けのために参拝し、年齢になぞらえた鏡餅を供えることで厄を落とすという習慣が残る。大晦日には深夜に及ぶ災除けの祈願を行う神事が行われ、福岡市内だけでなく、県内外から数多くの祈願者が参拝する。
博多区博多駅前1-29-47
☎092-431-1391
平成26年3月に完成した博多の観光シンボル。博多から大宰府政庁へ延びる官道にあったとされる「辻堂口門(つじのどうぐちもん)」にならった格式高い四脚門様式で、博多の歴史が刻まれた細部の装飾も見どころだ。門の面の扁額には太宰府天満宮の宮司の揮毫、門扉の板材には太宰府天満宮より寄贈された樹齢千年の「千年樟」を用い、欄間には博多織の献上柄模様が彫られている。門をくぐった先の承天寺通りは車道を小川に、歩道をその川岸の遊歩道に見立てた造りで、緑も豊か。寺社町の清らかな雰囲気と融合している。
宋出身の貿易商・謝国明が1242年に建立し、留学僧弁円(後の聖一国師)が開山した禅宗寺院。国師が大陸から持ち帰った製粉技術を記す設計図(水磨様)により、うどん、そば、饅頭などの粉物文化が広まった。博多がうどん発祥の地と呼ばれるのはこのことによる。
博多区博多駅前1-29-9
☎092-431-3570
月堂宗規(げつどうそうき)を開基として1316年に創建された歴史的にも貴重な寺。元々は博多湾岸にあり、中国との対外交渉の重要な拠点でもあった。境内には「博多べい」(戦国時代の戦災からの復興を願い、焼け石や焼け瓦を埋め込んだ土壁)が残る。ういろう伝来の地としても有名。神屋宗湛(かみやそうたん)や伊藤小左衛門といった博多豪商の墓も祀られている。
博多区御供所町13-6
☎092-281-4269
806年に唐から帰国した弘法大師(空海)が、日本で最初に開いた真言密教の寺。福岡藩主・黒田家の菩提寺でもある。国の重要文化財の木造千手観音像、市文化財の六角堂がある他、大仏殿にある日本最大の木造座像「福岡大仏」でも有名。2011年5月に高さ約26メートル、総木造の五重塔が完成した。
博多区御供所町2-4
☎092-291-4459
浄土宗の宗祖・法然上人の後を継いだ鎮西聖光上人が創建。豊前彦山にいた鎮西上人が夢のお告げにより、中国から博多へ帰ってきているという高僧を探すため、博多に戻った。その際、大きな松の木の側で発見した木像を、中国浄土門の開祖・善導大師だということで迎え、お祀りするために建てられた寺。その逸話を聞きたいと集まった人々に百日説法を行い、博多談義所とも呼ばれていた。
博多区中呉服町6-24
☎092-291-0475
http://www.zendouji.net
浄土宗鎮西派、京都の知恩院を本山に持つ寺。閻魔堂と観音堂があり、毎年1月と8月の16日には閻魔祭を開催。閻魔堂の中には、閻魔様や三途の川で着物を奪う奪衣ばばあの像があり、その像にこんにゃくをお供えすると病気の“あく”を取ってくれると言われる。
博多区中呉服町10-5
☎092-291-4520

より大きな地図で 御供所周辺エリア を表示